金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ビットメインが香港取引所にIPO申請 AIチップのグローバル企業への布石か

中国の仮想通貨採掘用機器を手掛けるBitmain(ビットメイン)が香港取引所にIPO(新規株式公開)を申請した。

Bitmainは仮想通貨のマイニングに特化したチップ(SoC)を開発し、Antminerブランドでマイニング用の機器や周辺機器を販売する。
マイニングプール(複数の利用者で共同で仮想通貨を採掘するためのプラットフォーム)のAntpool、BTC.comも運営している。
またAI分野にも進出し、画像認識などに特化した自社開発のプロセッサーやそれを組み込んだシステムも提供している。
仮想通貨用チップの開発・製造から始まってAI分野での今後の拡大も期待され今後の動向に注目したい。

なお、チップの生産は半導体製造ファンダリーのTSMCなどに委託している模様だが、NVIDIAを上回る量の発注をしているという報道もあり、今後世界的にも影響力のある企業に成長する可能性もある。

世界最大のBitcoinマイナーはマイニングマシン構築のためNVIDIAよりも大量のシリコン半導体を購入している - GIGAZINE
ビットメインが上場申請 仮想通貨採掘マシン最大手 :日本経済新聞

仮想通貨の採掘(マイニング)に使う装置で世界最大手、中国のビットメインは27日までに香港取引所に新規株式公開(IPO)を申請した。同社はマイニング装置で世界シェアの7割超を占める。ビットコインなど仮想通貨は不正流出や相場下落に揺れており、上場の成否が注目を集めそうだ。

関連記事