金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

JPモルガンが開発するブロックチェーン送金ネットワークにみずほ銀行などが参加へ

JPモルガン・チェースが開発したブロックチェーンを活用した銀行間送金ネットワークにみずほ銀行りそな銀行三井住友銀行の国内3行が参加することが発表された。

送金システムはインターバンク・インフォメーション・ネットワーク(IIN)と呼ばれる。2017年10月からロイヤル・バンク・オブ・カナダやオーストラリア・ニュージーランド銀行と実証実験を進めていた。

ブロックチェーンを活用した決済システムは、SBIホールディングスりそな銀行が参加する「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」が本格運用を目指す国際送金ネットワークや、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)がAkamai Technologies(アカマイ・テクノロジーズ)とともに実用化を目指す高速決済システムもあり、様々な組織が実用化に向けて動きを進めている。

銀行間送金ネットワーク、国内外75行超が参加 JPモルガンが開発 :日本経済新聞

米銀大手JPモルガン・チェースは25日、同社が開発したブロックチェーン(分散型台帳)を活用した銀行間送金ネットワークにみずほ銀行など邦銀3行を含む75行超が参加すると発表した。顧客情報を一括で共有することで、マネーロンダリング資金洗浄)を防ぐための照会にかかる手間が軽減され、国を越えた銀行間送金が容易になるという。

ブロックチェーンの描く未来

関連記事