金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

JスコアがAI与信を提供先企業へ提供へ

Jスコアは、人工知能(AI)を活用した個人向け融資の与信ランクを、利用者の同意を得た上で提携先企業への提供を開始する。

利用者はランクに応じた特典を利用することができ、提携先企業は顧客層の拡大を図ることができる。

中国では決済情報の活用がさらに進んでおり、アリペイの芝麻信用では950点満点のスコアで利用者の信用力をはじきだす。スコアが高いとシェア自転車が無料で使えたり、海外旅行時のWifiルータがタダで借りられたりする。上海では芝麻信用のスコアだけで無担保融資をする業者も出てきている。

みずほ銀行ソフトバンクが出資するJスコアは2017年9月から人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を始めている。年齢や学歴、性格診断や趣味に関する質問に答えることでAIが与信スコアを判定し、スコアに応じた融資上限や貸出金利が決まり、ランクの高いユーザは年利1%以下で融資を受けることができる。

個人の信用格付け提供 みずほ系、提携企業に :日本経済新聞

みずほ銀行ソフトバンクが共同出資するJスコア(東京・港)は10月から、人工知能(AI)が判定した個人の信用ランク(格付け)について、本人の同意を得たうえで提携先企業も利用できるようにする。百貨店などは開拓したい顧客層を絞り込みやすくなり、消費者側も優良顧客ほど割引など特典を享受できる。AI時代のデータ利活用が日本で本格化する。

(中略)

新サービス「AIスコア・リワード」は利用者の同意を得て、スコアに応じ個人を6ランクに分ける。提携先企業は接触したいランクの個人に対し、Jスコアのスマートフォンスマホ)アプリを通じて優待ホームページなどを配信する。

フィンテックで銀行はどうなる―週刊東洋経済eビジネス新書No.213

関連記事