金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

日本語のビジネスメール詐欺をIPAが報告

ビジネスメール詐欺の日本語のよるものが見つかったとIPA(情報処理推進機構)が発表した。
企業のCEOの名前やメールアドレスを謳ってメールを送信、企業の担当者の返信に対して日本語でのやりとりもできたとのこと。

ビジネスメール詐欺では2017年12月に日本航空が3億円以上の被害に遭っている。

日本語で業務メール詐欺 IPA初確認 CEO発信を偽装 :日本経済新聞

企業相手の振り込め詐欺といわれるサイバー犯罪「ビジネスメール詐欺」で、日本語によるものが初めて見つかった。経営幹部や取引先になりすましてメールを送りつけ、金銭や特定の情報をだまし取ろうとする手口で、経済産業省の外郭団体である情報処理推進機構IPA)が27日、企業から情報提供を7月に受けたと発表した。

闇ウェブ (文春新書)

闇ウェブ (文春新書)

関連記事