株の2日後決済を検討、時期未定

3営業日の理由は昔からの慣習。株券を現物で受け渡ししたり、代金を授受したり、名義の変更をしたり、人が介在する作業を考慮した上での実際の作業期間として必要なものだったが、株券、取引とも電子化されている現状にはそぐわない。 といっても事務フローや、再取引、取消等の異例事務は3営業日前提になっているので、シ…