金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

融資

三井住友銀行がAIによる貸出先の分析システムを外販へ

三井住友銀行は、AI(人工知能)により貸出先の財務状況の変調を検知できるシステムを地銀などに販売する。口座への入出金情報から取引先との支払条件の変更などをつかみ、財務状況の変化を把握することが可能になる。三井住友銀行は日本マイクロソフトと開発…

JスコアがAI与信を提供先企業へ提供へ

Jスコアは、人工知能(AI)を活用した個人向け融資の与信ランクを、利用者の同意を得た上で提携先企業への提供を開始する。利用者はランクに応じた特典を利用することができ、提携先企業は顧客層の拡大を図ることができる。中国では決済情報の活用がさらに進…

りそな銀行が小売店に決済端末を無償配付へ

りそな銀行は2018年11月から小売店にクレジットカード、交通系ICカード、QRコードでの支払ができる決済端末を無償で配布する。決済端末から得られたデータを活用することで、財務諸表だけでなく、詳細な販売情報を分析することでこれまで融資できなかった規…

ジャパンネット銀行が住宅ローンへ参入へ AIも活用を視野に

ジャパンネット銀行は2019年夏に住宅ローン融資への参入を目指す。将来的にはAIや親会社のヤフーが持つビッグデータを活用し、幅広い観点から審査を行い、融資可能な顧客層を拡大することを目指す。すでにジャパンネット銀行は、ヤフオク!ヤフーショッピン…

アメリカで移民向けの信用情報サービスが拡大へ

アメリカで移民や駐在員向けに信用情報を提供し、クレジットカードやローン審査のハードルを下げることを目指したベンチャーが増えている。Nova Credit(ノバ・クレジット)は母国の信用情報をアメリカに移行できるサービスを開発した。メキシコ、カナダ、中国…

ジャパネット銀行などが取引データを与信に活用へ

ネット銀行を中心に取引明細などの過去のデータを与信に活用する動きが広がっている。ジャパネット銀行は、ヤフオク!ヤフーショッピングに出店する事業者向けに融資を行っている。ECサイトの売り上げ動向などを統計的に分析、リスクを算定して融資判断に活…

新生銀行がグループ会社の顧客データの一括管理を開始へ

新生銀行は、クレジットカードのアプラス、ローンの新生フィナンシャルの3社の顧客データの統合管理を2018年7月にも始める。 各社のデータを一括管理し、クレジットカードと融資、ローンと資産運用などグループ会社を跨いだサービス提案をできるようにする。…

クレディセゾンが配車アプリのグラブ運転手向けの融資を開始へ

クレディセゾンは、東南アジアで配車アプリを提供するGrab(グラブ)の運転手向けの融資を始める。東南アジアでは、銀行口座の保有率が10%以下だったり、信用情報機関がなかったりという国が多く、これまで融資を受けられなかった。グラブ運転手の収入や顧客…

オリックスが中国のウィーキャッシュに出資へ

オリックスは、中国でビッグデータと機械学習を活用した与信プラットフォームを運営するWecash(ウィーキャッシュ、閃銀)に出資した。ウィーキャッシュは提携する銀行に、10秒以内に与信能力を判断して返すサービスを提供している。中国では個人間の少額の資…

オリックスが連帯保証人に頼らない融資拡大目指す

オリックスは会計ソフトの弥生などと協力し、2017年から人工知能(AI)を活用した融資を開始した。受注状況や入金明細などのをもとに与信リスクを判断し、融資額や金利を自動算出する。同様の取り組みを行ってきた横浜銀行、福岡銀行とともにシステムの開発や…

オリックスが中国P2P金融の点融に出資へ

オリックスは中国のP2P金融の点融(ディエンロン)に出資した。 中国では個人間の少額の資金を融通するP2P金融が拡大しており、ノウハウの取得が目的と見られる。オリックス、中国のP2P金融大手に67億円出資 :日本経済新聞 オリックスはこのほど個人間の少…

アメリカで若者世代の住宅購入が停滞 学生ローンの負担削減策も

アメリカで若年層が学費ローンの負担増により不動産購入を控える動きが広がっている。住宅購入が停滞するため、民間企業だけでなく州政府も対策に取り組みを始めている。 特定の会社で住宅を購入すると購入資金の一部を無償で提供したり、州政府が住宅購入価…

Jスコアが信用力の評価にヤフーの購買履歴を活用へ

Jスコアは、融資の信用力の評価のためのデータにヤフーショッピングとヤフオクのデータを材料に加える。 今後も小売業の提携先を増やしていくとしており、アリババの芝麻信用のようなビッグデータを活用した信用力の評価プラットフォームの構築を目指してい…

クラウドワークスとCAMPFIREが報酬前払いサービスを開始へ

クラウドワークスはCAMPFIRE(キャンプファイヤー)と組んで、クラウドソーシングで受注した業務の報酬前払いサービスを始める。 貸金業の登録をしているCAMPFIREが最大300万円を融資する。クラウドワークスでの過去の仕事の実績に応じて与信額を決める。実績…

Tranzaxがでんさいネットとの接続協議を開始へ

FintechベンチャーのTranzaxが、でんさいネットとの接続協議を開始した。でんさいネットには、メガバンクから地銀まで多くの金融機関が接続されており、今回Tranzaxとでんさいネットが接続されることで、国内の金融機関や電子債権を利用する企業などがTranza…

Jスコアが人工知能による個人向け融資サービスを開始 ソフトバンク、みずほ銀行が出資

みずほ銀行とソフトバンクが出資するJスコアが9月25日から人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を開始した。 新サービスでは、年齢や学歴、性格診断や趣味に関する質問に答えることでAIが与信スコアを判定し、スコアに応じた融資上限や貸出金利が決まる…

日本貸金業協会が適切な保証業を行うよう要請へ

日本貸金業協会は9月21日に会員に対して銀行カードローンの保証業を適切に行うよう要請した。背景にはカードローンの過剰融資問題がある。 融資審査時に外部の保証事業者への依存が大きいことが問題視されている。 銀行カードローンの保証業適正化を正式要請…

金融庁がメガバンクへ立ち入り検査 カードローンの実態を調査へ

金融庁は9月20日に三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、みずほ銀行に立ち入り検査に入り、カードローンの審査や広告配信などの運営体制の調査を行った。今後は地銀にも検査を行う。 銀行のカードローンについては、麻生金融相が9月1日に審査の厳格化の方針を表明…

銀行カードローンの即日融資が2018年1月に停止へ

国内の銀行は2018年1月からカードローンの即日融資を停止する。反社会的勢力とのつながりを絶つために、預金保険機構と警察庁データベースをつなぎ、各行は預金保険機構経由で、カードローン申込者に問題がないか調べるようになる。警察への照会結果が返って…

人工知能を活用した中小企業・個人事業主向けの与信が拡大

人工知能(AI)を利用した中小企業や個人事業主への融資審査が広がっている。リクルートは「じゃらんネット」を利用する宿泊事業者向けに、インターネット上で融資が受けられるサービスを9月から始める。AIを利用して与信判定を行い、申し込みから数日以内の…

リクルートが宿泊事業者向けのAI融資を開始へ

リクルートは中小の宿泊事業者向けに、インターネット上で融資が受けられるサービスを始める。人工知能(AI)を利用して与信判定を行い、申し込みから数日以内の貸し付けを目指す。これまで銀行が拾い切れていなかった、短期的な資金ニーズに応える。リクルー…

ゆうちょ銀行の無担保融資参入が認可の見通し

ゆうちょ銀行の無担保融資への参入が認可される見通しとなった。 無担保で貯金残高がゼロでも不足分を自動的に融資する機能を付け、現金引き出しや代金の引き落としができるようになる。 2019年の開始を目指している。ゆうちょ銀の無担保融資を認可へ 政府、…

金融庁の銀行検査の改革が推進中 攻めの姿勢へ転換へ

金融庁が金融検査マニュアルの廃止などの改革を進めている。これまでの銀行の健全性を軸とした検査体制から、融資先企業や地域の発展など、成長性を軸とした検査方針への転換を目指している。現状の体制の改革だけでなく、森金融庁長官時代の一時的な施策に…

Tranzaxが電通・幻冬舎と提携 顧客紹介による相乗効果を見込む

FintechベンチャーのTranzax(トランザックス)は電通、幻冬舎と提携する。 Tranzaxは中小企業の持っている売掛金を電子債権にして、早期に電子化するサービスを2016年8月から提供している。 今回の提携により、電通と幻冬舎はTranzaxに顧客企業の紹介するとと…

ソフトバンクとみずほ銀行が人工知能を活用した個人向け融資サービス開始へ

みずほ銀行とソフトバンクは人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を2017年9月から始める。 新サービスでは、個人の銀行口座の入出金履歴や携帯電話料金の支払い状況、職歴などのデータをもとにAIが与信スコアを判定し、スコアに応じた融資上限や貸出金…

ゆうちょ銀行が2019年に無担保融資に参入目指す

ゆうちょ銀行は2019年に無担保融資に参入を目指す。 無担保で貯金残高がゼロでも不足分を自動的に融資する機能を付ける。利用者が求めれば現金も借りられるようになる見込み。 自前での審査や貸し倒れ引き当ては行わず、保証会社に手数料を払って委託する模…