金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

コモディティ

大阪堂島商品取引所がコメ先物システムでSBIグループと提携を検討へ 東京商品取引所との提携交渉は打ち切りに

大阪堂島商品取引所は、コメ先物の売買システムの移行について、東京商品取引所との提携交渉を打ち切った。大阪堂島商品取引所が試験上場しているコメ先物についてザラバ方式への移行を検討しており、東京商品取引所の運営するシステム改修して利用すること…

Glintが金を裏付けとするデビットカードサービスを開始

イギリスのFintech企業Glint(グリント)が、金(ゴールド)で決済できるデビットカードの提供を始めた。グリントで金を購入するとデビットカードが発行され、そのカードで買い物すると、代金分の金が売却される仕組み。Glintのカード自体はMastercardブランド…

東京商品取引所が堂島取引所のコメ先物取引にシステム提供へ

東京商品取引所は大阪堂島商品取引所が試験上場しているコメ先物についてザラバ方式での売買システムの提供を検討している。 堂島取引所はシステム利用の手数料を支払う代わりに、自前でシステム改修を行うよりコストを抑えることができる。東商取、堂島商取…

大阪堂島商品取引所がコメ先物の正式上場を断念 試験上場の再延長へ

農林水産省は、大阪堂島商品取引所からのコメ先物試験上場の2年間の再延長申請を8月7日に認可した。大阪堂島商品取引所は今後2年間をかけてさらなる実績の積み上げを進める。7月11日にコメ先物の本上場への移行を国に申請したが、自民党によるコメ先物の正…

大阪堂島商品取引所がコメ先物の試験上場の再延長検討へ

大阪堂島商品取引所は、コメ先物の試験上場を再延長する検討に入った。7月11日にコメ先物の本上場への移行を国に申請したが、7月21日に開かれた自民党によるコメ先物の正式場を判断するための会議で、農林族議員からは賛否両論の指摘が上がった。 7月27日に…

大阪堂島商品取引所がコメ先物の本上場を申請へ

大阪堂島商品取引所は7月11日にコメ先物の本上場への移行を国に申請した。 米の作り手と買い手は、種まき前に値決めができ、価格変動のリスクを小さくすることができる。新潟コシで取引3割増 堂島商取、コメ先物本上場を申請 :日本経済新聞 大阪堂島商品取…

金(ゴールド)を裏付けにしたデビットカードがイギリスで誕生

※2017年12月4日追記。サービスを開始 イギリスのグリント(Glint)社は金(ゴールド)で決済できるデビットカードを6月から提供を始める。 グリントで金を購入するとデビットカードが発行され、そのカードで買い物すると、代金分の金が売却される仕組み。 日本…

商品ETFへの機関投資家などの投資が拡大へ

金や原油など現物商品に連動するETF(上場投資信託)やETN(上場投資証券)への投資の裾野が広がってきている。 特に金融機関などの投資家の売買が増えてきており、三菱UFJ信託銀行の「金の果実」の場合、地銀や信金、信託銀行などの金融機関の比率が、1年前に比…

東京商品取引所でシステム障害 一部取引は引き続き停止

東京商品取引所でのシステム障害が11月10日に発生し、合計3時間にわたり取引が停止した。9月20日に新システムに移行したが処理件数が性能上限を上回っており、負荷を抑えるために一部取引を停止する対応が取られている。 東商取のシステム不具合 投資家が不…

東京商品取引所が金オプション取引を刷新

東京商品取引所は9月20日から日本取引所グループとJ―GATEの共同利用を開始した。金のオプション取引も刷新し、初日の売買は111枚となった。 東商取、金オプション取引刷新 9年ぶり成立、初日は111枚 :日本経済新聞 オプション取引は一定期日にあらか…

SBI証券がネット経由の金現物取引開始

SBIホールディングスがアメリカのゴールド・ブリオン・インターナショナルと提携する。2016年夏からSBI証券を通じてネット経由で、金現物の取引ができるようになる。 SBI、ネット経由で金の現物取引 :日本経済新聞 SBIホールディングスはインターネット…