金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

クラウド

みずほ銀行がAWSでリスク管理システムを構築へ

みずほ銀行は市場リスク管理システムの構築においてAmazon Web Service(AWS)のクラウド環境を利用することを発表した。 トレーディング勘定の抜本的見直し(FRTB)に対応するためのシステムを仮想サーバEC2などのサービスを使って構築すると考えられる。リスク…

日本ユニシスとマイクロソフトがクラウドで動く勘定系の開発を開始へ

日本ユニシスと日本マイクロソフトは、銀行の勘定系システムをクラウド上で構築・運用できるサービスの開発を始める。マイクロソフトがクラウド基盤、日本ユニシスが業務アプリケーションの開発を進める見込み。ユニシスの勘定系システムを利用する北國銀行…

三井住友FGがチャットbotの利用を推進へ

三井住友FGは三井住友銀行で行内用に導入してきたチャットbotをグループ各社にも展開する。SMBC日興証券とSMBCコンシューマーファイナンスへの2018年度上期中の導入を目指す。 銀行での行内紹介窓口や人事規定の問い合わせ窓口での検証を行い、精度も高く効…

日本マイクロソフトとFIXERが地銀向けクラウド基盤を提供へ

日本マイクロソフトはクラウドサービスAzure(アジュール)上で地銀向けに基盤システムを提供する。 FIXERと連携して開発や保守、金融機関向けIT基準への対応も含めて対応する。日本マイクロソフトとFIXER、北國銀行は、Azure上にインターネットバンキングサー…

マイクロソフトAzureの国内金融機関での利用が拡大へ

マイクロソフトのクラウドプラットフォームAzureが国内金融機関での採用が拡大している。セブン銀行は、フィリピンにスマートフォンで送金できるアプリのシステム基盤をAzureですでに稼働させている。また北國銀行もインターネットバンクのAzure移行を進めて…

住信SBIネット銀行がシステムのAWSへの移行を表明

住信SBIネット銀行は勘定系以外のすべてのシステムをパブリッククラウドであるAWS(Amazon Web Service)に移行する。 主なシステムでは、インターネットバンキングのシステムを2019年3月にAWSで稼働させることを目指す。金融機関でのAWSの利用については、201…

セブン銀行が海外送金アプリのシステム基盤にAzureを利用開始へ

セブン銀行は、フィリピンにスマートフォンで送金できるアプリのシステム基盤に、パブリッククラウドサービスであるMicrosoft Azureを採用し、稼働を始めたと公表した。 Microsoft AzureのPaaSとして、例えばAzure API Managementを利用することでAPI構築や…

NTTデータが銀行とFintech企業の連携クラウドを2017年秋に提供へ

NTTデータは銀行とFintech企業をつなぐクラウドの提供を2017年秋にも提供するとのこと。家計簿アプリや会計ソフトを手掛ける会社は銀行と個別に連携するシステムを構築する必要がなくなり、新サービス開発のスピードアップが期待できそう。 NTTデータの提供…

MUFGがクラウドの利用に向けてAmazonと契約締結、AWSを利用へ

三菱UFJフィナンシャルグループは、クラウドの利用に向けて、アマゾンと契約を結んだ。 今後、市場調査やFintech対応のためのシステムをアマゾンのクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Service)で構築すると見られる。 日本の金融機関のクラウドサービ…