金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

日経平均レバレッジ上場投信が日経平均を支える

日経新聞2016年1月26日付けスクランブルから

www.nikkei.com

件のETFはこちらです。
(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信【1570】:ETF - Yahoo!ファイナンス

1つ目は基準価格の騰落率を日経平均のその日の騰落率の2倍にするために、運用で保有する日経平均先物の持ち高を調整する「デルタ調整」と呼ぶ売買だ。例えば、日経平均が1%上がった日には15時から15時15分にかけて日経平均先物を運用残高の2%分買う。

騰落率を日経平均の2倍に合わすために、毎日15時から日経平均先物を買っているんですね。

日経レバの売買代金はETF全体の約7割を占め、保有する日経平均先物建玉は約10万枚と市場全体の2割を超える。「池の中のクジラ」とはまさにこのこと。この調子で膨張が続けば、日経レバが再び運用規模の壁にぶち当たるのは目に見えている。個人が下落相場の歯止め役から相場の浮揚役に変わるためには、日経レバ一点頼みからの脱却も必要なのだろう。

運用規模の壁にぶち当たれば、商品の趣旨である日経平均の2倍の値動きから乖離します。そうなった時、割を食らうのは投資家です。また、実需とかけ離れた調達を行うことで市場がゆがむリスクもあります。そのうちなにか問題が起こりそう。


fitnews.hateblo.jp

週刊東洋経済 2015年 9/19号

週刊東洋経済 2015年 9/19号