金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

Googleなど外資がインドの電子決済市場へ参入進める

インドでの電子決済市場へ外資の参入に相次いでいる。

シンガポールのテマセクとPayPalは、インドでPOS端末向けの決済サービスを手がけるベンチャー企業のパイン・ラボスに出資した。

Googleは2017年にモバイル決済サービスであるTez(テズ)をインド限定で開始した。デポジットを専用口座に預ける必要はなく、決済した金額が直接銀行口座から引き落とされる。

また、FacebookはWhatsAppへの決済機能の追加に向けてインドで100万人規模での検証を行っている。

(フロンティア)インド電子決済、外資が続々参入 月間10億件、中小規模店にも :日本経済新聞

インドの電子決済に外国勢が熱い視線を送っている。シンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスや米決済大手ペイパルがインドの電子決済ベンチャーに出資。米グーグルが2017年秋に同国限定のモバイル決済サービスを始めたのに続き、米フェイスブックも子会社を通じて決済サービスの準備を進めている。

(中略)

現金での決済が根強いインドだが、カードやモバイル決済などの電子決済は着実に伸びている。インド準備銀行(中央銀行)の統計によると、同国の電子決済件数は17年12月に月間10億件を初めて突破、18年1月も過去最高を更新した。この傾向は今後も続く公算が大きく、投資会社や事業会社が成長の果実をつかもうと資金を投じている。

インドでキャバクラ始めました(笑)(1) (ワイドKC モーニング)

関連記事