金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

PTSでの信用取引が2019年に解禁へ 夜間取引は見送り

私設取引システム(PTS)での信用取引が2019年に解禁される。株式売買の決済日数を2日への短縮が行われる2019年7月16日以降に解禁される。15時以降の夜間取引での信用取引の解禁は今回は見送りとなった。

PTSは日本国内ではSBIジャパンネクスト証券とチャイエックス・ジャパンの2社が提供するが、信用取引が使えないこともあり、シェアは4%程度しかない。PTSは手数料の安さや柔軟な値段設定などのメリットを武器にシェア拡大を目指しており、信用取引の解禁によりシェア拡大が見込まれる。

株信用取引、夜間は見送り 私設システムが来夏解禁 市場活性化、物足りず :日本経済新聞

お金を借りて株式を買うなどする信用取引が2019年夏にも取引所以外に解禁される。証券会社などが運営する私設取引システム(PTS)が対象で、投資家は取引所とPTSを比べて、より有利な条件で売買しやすくなる。ただ、当初期待された夜間の信用取引は見送られ、市場全体の活性化には懐疑的な見方も出ている。

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

関連記事