金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

みずほ銀行がAWSでリスク管理システムを構築へ

みずほ銀行は市場リスク管理システムの構築においてAmazon Web Service(AWS)のクラウド環境を利用することを発表した。
トレーディング勘定の抜本的見直し(FRTB)に対応するためのシステムを仮想サーバEC2などのサービスを使って構築すると考えられる。

リスク計量の計算は商品数やカテゴリが多く、ロジックも複雑で大量のコンピューティング資源を必要とする一方で、リスク算出は、日次、月次などのタイミングで行われるため、サーバを常に稼働させておく必要がないケースもある。

パブリッククラウドは、計算量が多い時はより多くのサーバを調達したり、サーバが不要な時間帯は一時的にサーバを停止させたりすることができコストの最適化を図ることができる。リスク計量システムは特にこのメリットを享受しやすい。

またAWSの提供する大規模データベースRedshiftやHadoop分散処理システムEMRなども組み合わせることで、コストやサーバ構築の手間を抑えながら、大量のデータを蓄積し分析することも可能になり、今回のシステム構築での経験をベースに、他のシステムでも利用が広がる可能性もある。

みずほFG:市場リスク管理システムにおけるクラウド活用の取り組みについて~グローバル金融規制への対応~

そのような中、<みずほ>は、2022年までに実施が求められているFRTBに対応する市場リスク管理システムを構築するにあたり、高度なリスク管理に対応可能な計算ロジックを組み込むことに加え、計算量に応じて柔軟なサーバー調達が可能であるクラウド環境の活用が最適であると考え、近年金融業界でも導入が進んでいるAWSが提供するクラウドサービスを活用します。クラウドサービスの活用により大規模計算に必要なシステムリソースを適時適切に確保することが可能となり、インフラの過剰投資を回避することで将来的なコスト削減を見込んでいます。また、調達の柔軟性確保により今後の規制強化や取引量の変動についても柔軟な対応が可能となります。

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

関連記事