金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

経済産業省や銀行がQRコードの統一規格策定に向け協議会立ち上げ

経済産業省は、QRコード決済の規格統一に向けて、銀行やカード会社、通信大手やEC大手の楽天やヤフーとともに協議会を立ち上げる。
協議会の仮称は「キャッシュレス推進協議会」で、ゆうちょ銀行や横浜銀行などの陣営にも参加を呼び掛ける。

QRコード規格の統一については、三菱UFJFG、みずほFG、三井住友FGがQRコードの規格の統一で合意している。またJCBも統一規格の策定、開発を進めている。

将来的にはアリババのアリペイなどとも組んで国際規格の策定も視野にいれる。

QR決済の規格統一、年内にも行動指針 経産省 :日本経済新聞

経済産業省QRコードを使った決済の規格統一に乗り出す。規格が分かれたまま普及が進むと、消費者や小売店の利便性を損ねると判断した。大手銀行にヤフーや楽天などを加えた協議会を立ち上げ、年内にも統一に向けた行動指針をつくる方針。実現すれば、モノやサービスの売買に現金を使わないキャッシュレス化が加速しそうだ。

経産省は6月中にも大手銀行や楽天NTTドコモKDDIが加わる「キャッシュレス推進協議会」(仮称)を立ち上げる。「Japan連合」(同)といった統一のロゴマークをつくり、店舗がQR決済を受け入れやすいよう返金や返品の手順もそろえる。将来は中国のアリババ集団の電子決済「アリペイ」(支付宝)などとも擦り合わせ、国際規格の策定をめざしている。

なぜ中国人は財布を持たないのか (日経プレミアシリーズ)

関連記事