金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

NTTデータと大日本印刷がスマホ顔認証機能の提供を目指す

NTTデータ大日本印刷は、スマホによる決済でスマホのカメラを使った顔認証ができる仕組みを全国の銀行に展開することを目指す。2019年度に横浜銀行など20の金融機関でのサービス開始を目指す。

2018年春から大日本印刷横浜銀行が実証実験を進めてる「はまPay」での顔認証の開発にNTTデータも参加する。

NTTデータはANSERなど金融機関向けの銀行プラットフォームを提供している。これらのシステムと同様に顔認証システムを金融機関に提供し、サービス利便性向上を図ると見られる。

スマホ決済、「自撮り」で一元化 全金融機関と連携も NTTデータなど :日本経済新聞

NTTデータ大日本印刷は、決済などの手続きの際にスマートフォンスマホ)のカメラに自分の顔を映す「自撮り」で本人確認できる仕組みを、全ての金融機関の口座で利用できるようにする。2019年度にも横浜銀行など全国の20金融機関に導入を目指す。パスワード入力など現在は複数ある本人確認手法を一本化でき、利用者の手間を省けると期待する。

(中略)

システムベンダーのNTTデータが加わることで、この顔認証の仕組みを使った入出金取引を全ての金融機関の口座と接続できるようになる。金融機関側はNTTデータに一定の利用料を支払い、各行の勘定系システムと接続する。18年度中にもまず横浜銀が連携し、19年度に20行程度に導入を広げる考えだ。

決済インフラ入門

関連記事