金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

メガバンクがQRコードの統一規格策定へ合意

三菱UFJFG、みずほFG、三井住友FGはスマホ決済で利用されるQRコードの規格の統一で合意した。統一規格の仮称は「BankPay」(バンクペイ)で2019年度の実用化をめざす。また「金融機関キャッシュレス協議会」を立ち上げ規格の検討や地銀への参加を呼びかけていく。

開発にかかるシステムの初期投資を抑えるためにJデビットなど既存の仕組みの活用も視野にいれて開発を進める。

国内だとLINEペイ、中国のアリペイなどQRコード決済サービスは国内外で様々な事業者が運営しているが、規格はそれぞれ独自のもので売り手、買い手とも対応した端末やアプリが必要だった。規格が統一されることで、利用者は1つのQRコードで決済ができるようになるともに、銀行主導で進められることで全国的な導入もやりやすくなる。

スマホ決済、3メガ銀がQRコード規格統一で合意 :日本経済新聞

3メガバンクは、QRコードの規格を統一することで合意した。QR決済は、店頭でスマートフォンスマホ)をかざし、支払額が銀行口座から引き落とされる。地方銀行に参加を呼びかけ、日本全体で推進する。お金の流れの中心にいるメガ銀が動き始めたことで、モノやサービスの売り買いに現金を使わないキャッシュレス化が加速しそうだ。銀行や小売店の業務効率化にもつながる。


3メガ銀行の連携はキャッシュレス化を加速させるか
三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGが合意した統一規格は「BankPay」(バンクペイ、仮称)。2019年度の実用化をめざす。「金融機関キャッシュレス協議会」(仮称)をつくり、技術的な課題や利用者が使いやすい仕組みに加え、地方銀行に参加を促す枠組みも検討する。

QRコードのおはなし―バーコードの数百倍のデータを扱える画期的コード (おはなし科学・技術シリーズ)

関連記事