金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三井住友FGがマルチ決済対応端末開発へ

三井住友FGはクレジットカードやスマホ決済などを1台の端末で対応するシステムの開発を目指す。

決済代行に強いGMOペイメントゲートウェイと組んでシステムの開発を進めることを協議している。新端末は三井住友カードの加盟店に展開し、カード会員の利便性向上や加盟店手数料の軽減を目指す。

「キャッシュレス」陣営競う 三井住友FG、1端末決済 :日本経済新聞

キャッシュレス(非現金)決済の陣営づくりが日本で動き出す。三井住友フィナンシャルグループ(FG)はクレジットカードやスマートフォンスマホ)による支払いなど、複数の決済手段に1つの端末で対応するシステムを開発する。日本のキャッシュレス決済比率は約2割と低いが、今後は便利なサービスが増えることで高まる可能性がある。


三井住友FGはネット通販の決済代行に強みを持つGMOペイメントゲートウェイと組み、具体的な設計や投資額の負担について協議に入った。クレジットカードや電子マネースマホ決済などに1つの端末で対応できるようにする。2019年ごろの実用化をめざす。

三井住友 VISAカード限定ガンダム

関連記事