金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ジャパネット銀行などが取引データを与信に活用へ

ネット銀行を中心に取引明細などの過去のデータを与信に活用する動きが広がっている。

ジャパネット銀行は、ヤフオク!ヤフーショッピングに出店する事業者向けに融資を行っている。ECサイトの売り上げ動向などを統計的に分析、リスクを算定して融資判断に活用している。

住信SBIネット銀行も入出金明細を分析し融資を展開しているほか、三菱UFJ銀行も2019年度から同様の融資審査を開始する見込み。

データ分析で審査迅速 ネット銀、法人融資で新手法 :日本経済新聞

ジャパンネット銀行などインターネット専業銀行が、法人口座の取引情報などを分析して融資の可否を審査する新しい手法の融資に取り組んでいる。決算書や担保がない、創業から間もない企業や個人事業主にも貸し出す。大手銀や地銀にはない審査の迅速さも武器に、一般の銀行に比べて出遅れている法人向け融資を伸ばしたい考えだ。

新手法は「トランザクションレンディング」と呼ばれる仕組み。入金記録など企業が銀行に持つ法人口座の取引データなどを統計学も活用して分析。最短で申し込み翌日に融資を実行する。

スコアリングモデルの基礎知識 ~中小企業融資における見方・使い方~

関連記事