金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

保険各社が標準死亡率表の改訂に向けて方針確定へ

標準死亡率表の2018年4月の改訂に向けて、保険各社の保険料値下げなどの対応方針が出揃ってきた。

日本生命保険富国生命保険三井生命保険朝日生命保険ソニー生命保険などは4月以降の定期死亡保険の新規契約者を対象に保険料を値下げする方針。一方で医療保険は現行の保険料水準に据え置かれる。

標準死亡率表は、自殺者の減少などに伴い平均寿命が延びたため、2007年以来11年ぶりに見直しが行われる。死亡保険料は引き下げとなる一方で医療保険料は引き上げとなる可能性があった。

死亡率改定へ対応出そろう 生保各社 :日本経済新聞

保険料算定の基準となる標準死亡率の4月改定への生保各社の対応が出そろった。日本生命保険富国生命保険などは死亡保険の保険料率を見直し、保険料を値下げする。第一生命保険は健康状態に応じて保険料を割り引く新商品を投入する。明治安田生命保険住友生命保険は今春の対応は見送り、新商品の発売時期に合わせて全体の料率を見直す方針だ。

アクチュアリーの書いた生命保険入門

関連記事