金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

スマートプラスが株式委託手数料ゼロの株式取引アプリをリリースへ

フィナテキストと大和証券グループが設立したスマートプラスは、株式委託手数料ゼロの株式取引アプリ「ストリーム」を発表した。株式取引時の約定を東京証券取引所だけでなくダークプールでも行い、ダークプールでより有利な取引ができた場合に、その利益の半分をスマートプラスが受け取って収益とする。東証で約定した場合は手数料を取らない。

SNSの機能も備えて投資家が意見を交換できるようにする。

取引コストを押さえて株式売買ができるとともに投資家同士の交流も可能で、今後の動向に注目したい。

株式委託手数料ゼロに フィナテキストと大和、新設の証券で :日本経済新聞

4月上旬から営業を開始する証券会社スマートプラス(東京・千代田)は28日、株式委託手数料を恒久的にゼロにすると発表した。日本では初の試みとなる。米国では同手数料をゼロにするネット証券などが増え始めており、同様のビジネスモデルを日本で展開する。スマートフォンスマホ)を使った株式取引を軸とし、利用者が投資アイデアを交換し合う機能なども盛り込む。

ダークプール 世界を動かす匿名取引市場の正体 (朝日新聞デジタルSELECT)

関連記事