金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三井住友FGがチャットbotの利用を推進へ

三井住友FGは三井住友銀行で行内用に導入してきたチャットbotをグループ各社にも展開する。SMBC日興証券SMBCコンシューマーファイナンスへの2018年度上期中の導入を目指す。
銀行での行内紹介窓口や人事規定の問い合わせ窓口での検証を行い、精度も高く効果の確認ふができたため利用拡大を進める。
システムのプラットフォームにはMicrosoft Azureを利用している。

三井住友FG、Microsoft Azureで動くチャットbotをグループ各社に展開 照会応答業務を効率化 - ITmedia エンタープライズ

三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)は2018年2月23日、日本マイクロソフトとの協業のもと、共同開発した対話型自動応答システム(チャットbot)をグループ各社に展開すると発表した。グループ全体での生産性向上と顧客サービスの向上を図る。

三井住友銀行と日本マイクロソフトは、パブリッククラウドMicrosoft Azure」上で動作する独自のシステムを開発し、2017年8月から行内システム環境に関する行内照会窓口にチャットbotを導入して、チャットbotによる自己解決率が90%を超えることを実証。2017年12月には人事関連の規程・手続照会窓口にも導入し、照会応答業務の迅速化や効率化などの効果を確認できたことから、今後、グループ各社への展開を推進する。

夢みるプログラム ?人工無脳・チャットボットで考察する会話と心のアルゴリズム?

関連記事