金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

みずほ銀行が新勘定系システムへの移行を2018年6月から開始

みずほフィナンシャルグループは、みずほ銀行みずほ信託銀行の次期勘定系システムへの移行を2018年6月から始める。移行は9回に分けて2019年までに段階的に新システムに切り替えを進める。
1回目の移行は6月11日(月)で。9日(土)の夜、10日(日)の終日、11日(月)の早朝まで移行に伴いATMなどは利用できなくなる。

日経xTECHの記事によれば移行に向けて、全店舗の本番データを使ったシステム移行テストや、経営陣も巻き込んだ移行リハーサルも実施しており、銀行全体としての移行要領の整備が入念に進んでおり、移行リスクは抑えられていそう。

みずほ銀行は、新システムを「MINORI」と名付けたとのこと。

苦節16年みずほ銀行の勘定系統合、6月に移行開始 | 日経 xTECH(クロステック)

みずほ銀行は2018年2月15日、勘定系システムの統合に向けた最終移行スケジュールを発表した。2018年6月11日から9回に分けて、約450のみずほ銀行店舗などの口座データとATMを現在の勘定系から新たに構築したシステムにつなぎ替え、2019年上期に全ての移行作業を完了させる。みずほ銀行の誕生から16年、二度の大規模システム障害を教訓に4000億円を超える資金を投じ進めてきた世界最大級のシステム刷新・統合プロジェクトが最後にして最大の正念場を迎える。

(中略)

3度目の延期や大トラブルにつながる要因を取り除くため、みずほ銀行の移行準備は現在、佳境に入っている。全店舗の全量データを使ったシステム移行作業のリハーサルや営業店業務の確認、経営陣も参画するリハーサルなどに取り組み、本番に備える。2~3月にかけてリハーサルを繰り返す方針で、その数は営業店なども参加する大規模なもので20回、全てを合わせると50回にも及ぶという。

システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓(日経BP Next ICT選書)

プラレール S-04 ライト付N700系新幹線みずほ・さくら

関連記事