金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

スマートトレードが株式型クラウドファンディングで資金調達へ

株式売買アルゴリズムの売買プラットフォームを提供するスマートトレードは、クラウドファンディングで資金調達を行う。
出資の見返りに未公開株式を渡す「株式型クラウドファンディング」で投資を受け付ける。
投資受付はエメラダが行い、新株予約権は1口あたり7万円で、2口、5口、7口を購入できる。

スマートトレードは、個人が開発した株式売買アルゴリズムを販売できるWebサービス「QuantX(クオンテックス)」を2017年11月から提供しており、将来的には証券会社のシステムと接続して自動売買を目指している。

スマートトレード、出資見返りに未公開株 資金を調達 :日本経済新聞

金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック関連のベンチャー企業、スマートトレード(東京・大田)は、出資の見返りに未公開株を渡す株式型クラウドファンディング(CF)で資金を調達する。調達額は最大7000万円。株式や仮想通貨の売買を自動で行う「アルゴリズム取引」を個人が開発して販売できるサービスを手掛けており、事業拡大を加速させる。

波のうえの魔術師 (文春文庫)

関連記事