金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

日本マイクロソフトとFIXERが地銀向けクラウド基盤を提供へ

日本マイクロソフトクラウドサービスAzure(アジュール)上で地銀向けに基盤システムを提供する。
FIXERと連携して開発や保守、金融機関向けIT基準への対応も含めて対応する。

日本マイクロソフトとFIXER、北國銀行は、Azure上にインターネットバンキングサービス「北國クラウドバンキング」の開発を開始しており、2018年度中のサービス開始を目指している。このような取り組みを他の地銀にも広げていくと見られる。

北國銀行、Microsoft Azureを基盤としたインターネットバンキングサービス提供へ - クラウド Watch

日本マイクロソフト、地銀向けにクラウド :日本経済新聞

日本マイクロソフト(MS)は地方銀行向けにクラウドの基盤システムを提供する。ベンチャー企業と連携し開発や保守運用、金融機関のデータ保護基準への対応などを一手に担う。地銀は新サービスの開発や地銀同士の連携がしやすくなる。システム担当者の負担も減らせる。地銀の業務のデジタル化やネットサービスの展開を支援する。

MSのクラウド「アジュール」上に基盤システムを構築する。システムの設計や開発、運用を手掛けるフィクサー(東京・港、松岡清一社長)と6月から提供を始める。

Azureテクノロジ入門 2018

関連記事