金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

かんぽ生命保険が審査にビッグデータを活用へ

かんぽ生命保険は、生命保険の審査基準を緩和する。自社で保有する保険契約のデータと外部から購入した医療データからリスク予測を行い、これまで健康リスクから受け入れられなかった契約者も受け入れができるようにする。

生活習慣病でも保険加入OK 医療ビッグデータ活用 :日本経済新聞

生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。かんぽ生命保険は契約者の病歴などを人工知能(AI)で解析し、2018年度にも保険を引き受ける際の審査基準を緩和する。膨大なデータで将来の病気や死亡のリスク予測をし直す結果、多くの生活習慣病患者らが「治癒の可能性がある」などとみなされ保険加入できるようになる。IT(情報技術)活用で新しい顧客の掘り起こしに躍起だ。


かんぽ生命が分析を始めたのは国内最多の3156万件の個人保険契約と、外部の医療機関などから購入した450万人分のデータだ。いずれも個人が特定できないよう加工・匿名化しており、治療歴のほか、健康保険組合の健康診断結果、薬の処方歴などの情報が含まれる。主に生活習慣病に関わる指標に着目。例えば高血圧や糖尿病患者の手術・入院、死亡率といった経過を調べる。

能年玲奈 かんぽ生命 A4 クリアファイル

関連記事