金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三菱UFJ信託銀行が富士通デジタルアニーラの実証実験を開始へ

三菱UFJ信託銀行は大量のデータを高速に処理できる新技術を使い、資産運用やデリバティブ取引に活用を検証する実証実験を始める。

分析には富士通の「デジタルアニーラ」を利用する。デジタルアニーラは量子コンピューティングの原理を、従来の半導体技術で開発した専用チップで利用可能とした技術。量子コンピューティングの素子を動かすには極低温が求められるケースが多いが、デジタルアニーラは常温で量子コンピューター並の速度で稼働できる。

三菱UFJ信託、資産運用に超高速分析 「量子並み」実験 :日本経済新聞

三菱UFJ信託銀行は大量のデータを超高速で分析し、資産運用に生かす実証実験を始める。富士通と組み、量子コンピューターに迫る独自技術を使う。これまでは化学物質の組み合わせを最適化する創薬や製造業で使われてきた技術で、金融分野にも応用していく。

富士通の「デジタルアニーラ」と呼ぶ量子現象から着想を得た独自技術を使う。従来型コンピューターの1万倍以上の計算能力を持つ。膨大な組み合わせの中から最適な選択肢を見つける「最適化問題」に強い。市場環境を見極めながら銘柄を選別する資産運用や、デリバティブ金融派生商品)などに同技術を生かせるかを試す。

量子コンピュータが人工知能を加速する

関連記事