金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ソニー生命保険が個人向け生命保険料を引き下げへ

ソニー生命保険は、個人向けの定期死亡保険の保険料を引き下げる。
保険料算出の根拠となる標準死亡率表が全面改訂されるのに対応する。
団体生命保険では、明治安田生命保険日本生命保険、第一生命ホールディングス、住友生命保険が2018年4月から保険料を引き下げることを発表しているが、個人向けではソニー生命が初めてとなる。

標準死亡率表は、医療技術の進歩や景気回復による自殺者の減少に伴い平均寿命が延びたため、2007年以来11年ぶりに見直しが行われる。死亡保険料は引き下げとなる一方で医療保険料は引き上げとなる可能性がある。

ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ :日本経済新聞

ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。2月から4商品、4月から3商品の保険料を改定する。長寿化を受け4月に年齢ごとの死亡率をまとめた「標準生命表」が11年ぶりに改定されるのに伴う措置。終身保険医療保険は4月以降も保険料を据え置く方針としている。

食える数学 (角川ソフィア文庫)

関連記事