金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

JCBが手のひら決済を開発 スマホだけで取引が可能に

JCBスマホで撮影した手のひらを使って本人確認を行い決済ができる仕組みを開発した。2月からJCBの社員を対象に実証実験を始める。
ユニバーサルロボットの持つ手相と静脈の位置から本人認証を行う技術を採用している。
利用者はまずスマホで手のひらを撮影して本人情報を登録する。店舗での決済時は、店員がスマホで手のひらを撮影し、本人確認を行う。スマホがあればよく、利用者、店舗とも専用の端末は不要で導入時の負担も軽い。

スマホ決済での生体認証は、三井住友銀行アイルランドのDaonなどと提携して作った新会社ポラリファイの生体認証基盤により、スマホアプリで声、顔、指紋による認証を行える機能を提供している。
また、横浜銀行大日本印刷と組んで、スマホ決済でスマホのカメラを使った顔認証ができる仕組みを開発し、2018年春から実証実験を始める。

手のひらかざし決済、カードもスマホも不要 JCB :日本経済新聞

クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)は、手のひらをかざすだけで本人確認やクレジット払いができる仕組みを開発した。スマートフォンスマホ)のカメラを使い、あらかじめ手のひらを撮影して登録しておくと、支払時にカードもスマホもいらない。本人確認の技術の精度を高めたことで手のひらだけで済む。店舗側も専用端末がいらなくなる。

基礎からわかる手相の完全独習

関連記事