金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

全銀システムが24時間365日の即時決済に対応へ

全国銀行協会は2018年10月9日から全銀システムを通した決済について24時間365日、即時決済できる環境の運営を始める。三菱東京UFJ銀行三井住友銀行地方銀行など112の銀行が24時間365日の即時決済に対応する。
システム移行を控えたみずほ銀行など、24時間対応しない銀行にも現行15時の振込時限を18時に伸ばすよう求める予定。

三菱東京UFJ銀行三井住友銀行のように、同一銀行内に限り夜間・休日の即時振り込みに対応する銀行はこれまでにもあったが、他行への送金は平日日中のみだった。

また、SBIホールディングスを中心に地銀やメガバンクが参加する「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」も2018年春からスマホアプリを使って、他行にも24時間365日送金できるサービスを開始する見込み。

送金の24時間対応はシンガポールなどの海外に比べて出遅れていたが、今回の全銀の対応や為替一元化コンソーシアムのプラットフォームにより、国内の銀行であれば基本的にいつでも送金できる環境が整う。

銀行間振込、夜も休日も 18年10月から即時決済 :日本経済新聞

全国銀行協会は2018年10月から、異なる銀行間の振り込みでも24時間・365日、すぐに相手にお金が届く新システムを稼働させる。これを受け三菱東京UFJ銀行三井住友銀行地方銀行など加盟行の8割にあたる112の銀行がサービスを始める予定だ。午後3時以降や休日に振り込むと翌営業日に届く今のしくみを変える。

図解で学ぶSEのための銀行三大業務入門(第2版)

関連記事