金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三菱UFJ信託が仮想通貨向け信託サービスを開始へ

三菱UFJ信託銀行は、仮想通貨取引所に利用者が預けた資産を保全するサービスを2018年4月の開始を目指す。
年金や不動産と同じように、取引所の資産と利用者の資産を別勘定で管理し、取引所が破綻したり不正を働いたりした場合には、利用者の仮想通貨を保障する。
信託を使うことで利用者の資産は保全されるが、大量の仮想通貨の売買を行う場合には信託銀行側の確認が必要となり、取引に時間がかかるケースも出てくるため、仮想通貨を中長期的に安全に運用したい投資家に需要があると考えられる。


仮想通貨の取引所が破綻した場合に、利用者の通貨を保全する仕組みを信託銀行が始める。年金や不動産と同じように委託者の財産と別勘定で仮想通貨を預かる。まず三菱UFJ信託銀行が2018年4月にビットコイン向けに始める計画だ。

信託法入門 (日経文庫)

関連記事