金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行が窓口での両替の手数料をあげる

三菱東京UFJ銀行みずほ銀行は、2018年から両替の手数料をあげる。
みずほ銀行は2018年1月から、口座保有者は30枚まで無料、口座のない人からは1回324円をとる。三菱東京UFJ銀行も2018年4月から口座保有者に限り10枚まで無料とし、11枚以上は1回540円をとる。
三井住友銀行は2017年5月に手数料を引き上げており、口座保有者は30枚まで無料、口座のない人からは1回324円をとっている。

3メガ銀が手数料引き上げ まず両替、窓口業務減らす :日本経済新聞

メガ銀行が手数料の引き上げに動き出す。みずほ銀行は2018年1月から、三菱東京UFJ銀行は同4月から、それぞれ両替の手数料を上げる。銀行はマイナス金利政策に伴う収益環境の悪化で、店舗の統廃合や人員・業務量の削減を進めている。人手不足による合理化も急務で、無料のイメージが強いサービスに一定の対価を求める。

(中略)

すでに三井住友銀行は今年5月、手数料を引き上げた。三井住友銀とみずほ銀は顧客の利便性に配慮し、両替機での両替は従来通り1日1回(500枚まで)無料とする。三菱UFJ銀は両替機の無料も「500枚まで」から「10枚まで」にし、11枚目以降は500枚ごとに300円とる。

物語 三井両替店―三井銀行300年の原点

関連記事