金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物の取引を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は米中部時間12月17日からビットコイン先物の取引を始めた。取引時間はシカゴ時間の午後5時から翌日午後4時まで(日本時間の午前8時から翌日午前7時)。

ビットコイン先物の上場は米中部時間12月10日にシカゴ・オプション取引所(CBOE)にビットコイン先物が上場したのに続き2例目となる。

CME、ビットコイン先物上場 先行商品とは価格差も :日本経済新聞

世界最大のデリバティブ金融派生商品)取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は日本時間18日(米中部時間17日)、仮想通貨ビットコイン先物の取引を始めた。既存の大手取引所への上場は2例目。2018年1月に期限を迎える先物は、1ビットコイン当たり2万ドルを超えて始まったが、その後は売りに押された。取引参加者は少なく、取引期限が同じ先物の間でも価格差が出る場面もあった。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

関連記事