金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

イオンのレジが銀行口座からの現金引き出しに対応へ

イオンは2018年4月からスーパーのレジで現金を引き出せるサービスを始める。「Jデビット」機能をレジでの現金引き出しに対応させる。現在のところ、みずほ銀行がサービスへの対応を表明している。

引き出せる額は千円単位で1万円以下とすることが検討されている。少額での利用が多いことや、防犯上の理由によるものと見られる。手数料の有無、金額についてはこれから詰める。2018年4月に100店程度で始め、2018年度中に全店に拡大を目指す。

クレジットカードや電子マネーにおされて、Jデビットカードの利用件数は年8パーセントくらいのペースで減ってきている。銀行のキャッシュカードに基本的に搭載されていることもあり、Jデビットカードの利用テコ入れの目的もあると見られる。

イオンは2018年4月、店頭レジで来店客が現金を引き出せるサービスを始める。銀行のキャッシュカードを使い、受け取ったお金は自分の口座から引き落とされる。

イオンは、クレジットカードを使わない高齢者、ATMが近くにない地方在住者などの需要が多いとみている
銀行窓口やATM以外で現金が引き出せる仕組みは「キャッシュアウト」と呼ばれる。米国では一般的だが、日本では初めてとなる見通し。17年4月の金融庁規制緩和で可能になった。

マンガでわかる! 安売りするな! 「価値」を売れ!

関連記事