金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

SBIホールディングスが24時間365日の送金サービス開始 他行にも送金可能に

SBIホールディングスは、スマホアプリを使って、他行にも24時間365日送金できるサービスを開始する。地銀やメガバンクが参加する「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」が構築を目指している新送金システムを使ってサービスを開始すると見られる。
送金手数料は各銀行が設定し、現行の送金手数料より大幅に低くなる見通し。

他行口座にアプリで送金 来春から地銀数行で :日本経済新聞

SBIホールディングス地方銀行などは来春、他行の口座にもスマートフォンスマホ)のアプリで送金できる新サービスを始める。アプリでの送金は現在、同一銀行間でしかできない。新たな送金システムは24時間365日対応する。

新たな送金システムは、SBIホールディングスのほか地銀や3メガバンクが参加する企業連合が運営する。口座番号での入力のほか、電話番号やQRコードによる送金にも対応する。送金側はアプリに登録する必要があるが、お金の受け取り側はアプリに未登録でも銀行口座を持っていればお金を受け取れる。

送金手数料は各行が独自に決めるが、通常の銀行間送金より大幅に低くなる見通し。不正送金のリスクを見極めるため、当初は上限額を少額に抑え、順次引き上げていくことを検討する。

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

関連記事