金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

Glintが金を裏付けとするデビットカードサービスを開始

イギリスのFintech企業Glint(グリント)が、金(ゴールド)で決済できるデビットカードの提供を始めた。

グリントで金を購入するとデビットカードが発行され、そのカードで買い物すると、代金分の金が売却される仕組み。Glintのカード自体はMastercardブランドとして幅広く使うことができる。

ユーザはアプリ(現時点ではiOSのみ)からアカウントを開設し、入金する。入金したものを通貨として残すか、ゴールドに変えるかはユーザが選ぶ。支払い時にも通貨かゴールドのどちらから支払うかをアプリから選択し、支払いに必要な分だけゴールドが売却される。通貨は現在のところ英ポンドのみに対応する。

CEOのJason Cozens(ジェーソン・カズンズ)は日本での展開も2018年に目指すと過去にインタビューで語っている。

Glintには、NECキャピタルソリューションズ、東京商品取引所、Bray Capitalなども出資している。

ゴールドは売買の歴史が通貨より長く、値動きも安定しており、現代でも安心できる投資商品として利用されている。Glintは、ゴールドの安定性を、電子決済でも享受できるようになり、魅力的なサービスである。

Fintech startup Glint de-cloaks to offer a multi-currency account and card that supports spending gold | TechCrunch

ゴールド口座で決済(カードBizと僕の勝手気ままログ) « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

英国フィンテックのグリント(Glint)が、ゴールドをベースにした当座預金口座とデビットカードをスタートした。ゴールドを購入し、それをショッピングに使うこともできる。

ノーブランド品 ゴールドBOX 30W(刻印有り) 100個セット ティッシュペーパー

関連記事