金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

住信SBIネット銀行がシステムのAWSへの移行を表明

住信SBIネット銀行は勘定系以外のすべてのシステムをパブリッククラウドであるAWS(Amazon Web Service)に移行する。
主なシステムでは、インターネットバンキングのシステムを2019年3月にAWSで稼働させることを目指す。

金融機関でのAWSの利用については、2017年1月に三菱UFJフィナンシャルグループが利用を表明し、現在は移行するシステムの選別を進めている。他にも、ソニー銀行ジャパンネット銀行によるAWSの利用事例があるが、銀行システムの大部分での利用は国内では初の事例となる。セキュリティ面でもパブリッククラウドは信頼性を高めてきており、銀行システムのクラウド移行が今後ますます進むと考えられる。
住信SBIネット銀、クラウド化でコスト25%減へ :日本経済新聞

住信SBIネット銀行はインターネットで情報を保存して使用するクラウド方式に勘定系以外の全てのシステムを移行する。米アマゾンのクラウドを利用し、システムの開発・維持コストが25%程削減できる。

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

関連記事