金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ウルグアイが法定デジタル通貨eペソの試験運用を開始へ

ウルグアイ中央銀行が法定デジタル通貨の試験運用を開始した。
通貨名はeペソで1万人を対象に2000万ペソ分を発行した。6か月の試験運用を行い利用者の使い勝手などを検証する。プロジェクトにはIBMも参画しブロックチェーン技術を提供している。

ウルグアイ中銀、法定デジタル通貨の試験運用開始 :日本経済新聞

南米ウルグアイ中央銀行ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した「法定デジタル通貨」の試験運用を開始した。携帯電話のネットワークを通じ、店舗での支払いや個人間送金が可能になる。中銀など当局が発行する法定デジタル通貨は世界各国で研究が進むが、実用化は初めてという。

1万人を対象に、通貨ペソと同価値の法定デジタル通貨「eペソ」2000万ペソ(約7800万円)分を発行した。中銀のベルガラ総裁は「新しい通貨ではなく、ウルグアイペソと同じだ」と説明。今後、6カ月にわたり試験運用を実施し、国民の反応をみるという。

利用希望者は専用サイトで登録し、携帯電話番号で管理する。保有するeペソは公共料金や店舗での支払いのほか、個人間での金銭の授受も可能だ。中国など一部の地域で広がる電子決済サービスと比べると、中銀が発行主体となるeペソは信用度が高い。

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語

関連記事