金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ペット保険への加入が増加 フェレットやモモンガなど様々な動物に対応

ペットの治療費は自由診療で高くなりがちなためペット保険に加入する人が増えてきている。
アニコム損害保険の販売するペット保険は、治療費の7割を補償するプランで、3歳のトイプードルで月3580円、4歳なら3940円の保険料となっている。猫は種類によらず一律料金。ウサギやフェレット、鳥類、ハリネズミやモモンガを対象にした保険も提供されている。

ペット保険、3歳小型犬3千円台中心 フェレットは高め :日本経済新聞

飼い犬などの治療費の一部を補償するペット保険。動物は自由診療が原則で治療費が高額になるケースもあるため、加入する飼い主が増えている。補償が手厚い保険の場合、保険料は3歳程度の小型犬で月3千~4千円前後の例が多い。フェレットハリネズミなど少し変わったペットが対象の保険商品もある。

アニコム損害保険は診療費の一部を補償するペット保険を販売している。7割を補償するプランの保険料は3歳のトイプードルで月3580円、4歳なら3940円だ。小型犬より大型犬のほうが保険料は高い。猫は種類によらず一律だ。加入者は「保険証」を交付され、提携する動物病院で受診すると診察料から保険金を差し引いた自己負担額を支払うだけで済む。

ペットの冠婚葬祭まるごと便利帳 「出会い」から「お別れ」まで、この一冊ですべてわかる!

関連記事