金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

セレベラムが人工知能が自動的に運用するファンドを販売へ

アメリカの運用会社セレベラム・キャピタルは、人工知能(AI)が運用するアメリカ株式ファンドを日本の機関投資家向けに販売を開始する。

AIを利用した株式投資ではAIが学習したパターンの中から人が有効な投資手法を検証して決めることが多いが、セレベラムでは、分析、投資手法の決定、改善までAIが自動的に行い、人間の主観を廃して、AIがより有効な投資手法を編み出すことを目指す。

セレベラムにはのグーグルの研究所「X」のCEOや、ゴールドマン・サックスの元CTOなどが取参画している。

AIファンド、日本で販売 米セレベラム :日本経済新聞

米運用会社セレベラム・キャピタルは、人工知能(AI)が運用する米国株式ファンドを日本で販売する。株価などデータの分析から投資する銘柄の決定、見直しまで、AIがすべて自動で行う。人間が気付かない市場の特徴を見抜くAIの力を生かす。

独立系運用会社ベイビュー・アセット・マネジメント(東京・千代田)が窓口となり、機関投資家を中心に販売する。

グーグルを驚愕させた日本人の知らないニッポン企業 (講談社+α新書)

関連記事