金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

大阪取引所がオプション取引の新商品フレックス・オプションを導入へ

大阪取引所はオプション取引の新商品「フレックス・オプション」を2018年4~6月期に導入する。
取引条件を柔軟に決めることができ、満期日は営業日単位、権利行使価格は小数点単位で決めることができる。
日経平均株価REIT指数などに連動するオプションの提供を予定している。

満期や価格、自由に設定 大阪取引所が新型オプション導入へ :日本経済新聞

日本取引所グループ傘下の大阪取引所は上場オプション取引の新商品を導入する。満期日などを投資家が自由に設定できるようにする。オプションは損失回避を狙うヘッジ取引などによく使われるデリバティブ金融派生商品)の一種。より柔軟な利用法を求める機関投資家が増えており、こうしたニーズを取り込む狙いだ。

新商品名は「フレックス・オプション」。2018年4~6月期に導入予定で、機関投資家向けのサービスとなる。日経平均株価などの株価指数や個別株の一部に連動する商品とする。既存のオプションにはない「東証不動産投資信託REIT)指数」などに連動するタイプも加える。

世界一やさしい 日経225 オプション取引の教科書1年生

関連記事