金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

Jスコアが人工知能による個人向け融資サービスを開始 ソフトバンク、みずほ銀行が出資

みずほ銀行ソフトバンクが出資するJスコアが9月25日から人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を開始した。
新サービスでは、年齢や学歴、性格診断や趣味に関する質問に答えることでAIが与信スコアを判定し、スコアに応じた融資上限や貸出金利が決まる。貸出額は10万~1000万円、金利は年0.9~12%と低水準に抑えられている。
若年層の自己投資のための資金としての利用を視野に入れている。
ソフトバンクはアメリカのオンライン融資仲介サービスのソーシャル・ファイナンスに出資しており、ソーシャル・ファイナンス社のノウハウも活用して事業を構築したと見られる。

以下のような対話形式のアンケートに答えることでスコアの算出が始まる。
f:id:memoyashi:20170926073647j:plain

20~30分で結果が出ます。


f:id:memoyashi:20170926074843j:plain

他の質問にも答えることでさらにスコアが上がるらしい。


f:id:memoyashi:20170926074857j:plain


f:id:memoyashi:20170926074921j:plain

スコアをもとに貸出金利の貸出上限も算出されます。


f:id:memoyashi:20170926075241j:plain



AI融資で若者開拓 みずほ・ソフトバンクが自動評価 :日本経済新聞

みずほ銀行ソフトバンクが出資するJスコア(東京・港)が25日、国内初となる人工知能(AI)を使った個人向け融資サービスを始めた。年齢や学歴などから信用力を自動で算出し、融資額や金利を個々人ごとに提示する。若年層を中心に開拓していく戦略で、消費者金融業界などにとって脅威になりそうだ。

(中略)

スコア・レンディングと呼ぶ手法で信用力を点数化する。年齢や最終学歴など18の質問に答えると、1000点満点で信用力を評価する。


性格診断や趣味などについての任意の質問も140~150ほど用意してあり、これらに答えると信用力の評価がより精密になる。借り手の返済意思や普段の金遣いなどを把握でき、情報精度が上がるためだ。

FinTech大全 今、世界で起きている金融革命

関連記事