金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

銀行カードローンの即日融資が2018年1月に停止へ

国内の銀行は2018年1月からカードローンの即日融資を停止する。

反社会的勢力とのつながりを絶つために、預金保険機構警察庁データベースをつなぎ、各行は預金保険機構経由で、カードローン申込者に問題がないか調べるようになる。警察への照会結果が返ってくるまで最短で翌営業日、場合によっては1~2週間かかるため、即日融資ができなくなる。

また自主規制として、債務者やその家族の申告により融資を制限する制度も2018年度の導入を目指す。
10月からは各行の融資残高の毎月の公表も開始する。

銀行、個人即日融資を停止 来年1月 カードローン縮小へ :日本経済新聞

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。銀行カードローンは利便性の高さを売りに急膨張してきたが、過剰貸し付けとの批判もあった。銀行の営業は転機を迎え、融資残高の伸びが抑えられる可能性が出てきた。

ドキュメント 金融庁vs.地銀 生き残る銀行はどこか (光文社新書)

関連記事