金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

キャンプファイヤーがビットコインによる投資に対応へ

クラウドファンディングキャンプファイヤーは、ビットコインによる投資に対応する。ビットコイン決済には、コインチェックが提供するコインチェックペイメントを利用する。

キャンプファイヤーは金銭などの対価を求めない「寄付型」や投資対象の物品やサービスを受け取る「購入型」を運営している。

クラウド調達、ビットコインで投資可能に キャンプファイヤー :日本経済新聞

インターネットで小口資金を募るクラウドファンディング仲介大手のキャンプファイヤー(東京・渋谷)は12日、仮想通貨ビットコインで投資できる仕組みを設けたと発表した。ビットコイン流入したマネーを、クラウドファンディングに呼び込むねらいがある。

仮想通貨取引所を運営するコインチェック(東京・渋谷)が提供する「コインチェックペイメント」を使う。キャンプファイヤークラウドファンディングに資金を投じる際には、クレジットカードを通じてお金を支払うのが一般的。同社は今後、海外からの投資や高額投資が可能になるビットコインで支払うニーズが増えるとみて、支払い手段に加えることを決めた。

事例でわかる!クラウドファンディング成功の秘訣

関連記事