金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

ANGOが仮想通貨の指数の提供の算出・提供を開始へ

シンガポールのANGOは仮想通貨の値動きを指数化して提供するサービスを9月12日から開始する。
時価総額上位5位のグループ「Core」、上位10位までのグループ「LargeCap」など4グループに分類する。
ANGOはエニーペイの木村新司社長が出資して立ち上げた会社。

平均値動きを指数に 仮想通貨、ANGOがネットで提供 :日本経済新聞

仮想通貨関連事業を手掛ける新興企業のANGO(シンガポール)は、ビットコインをはじめとする仮想通貨をグループ分けし、平均の値動きを指数化してネット経由でリアルタイムで提供する。仮想通貨は取引参加者が増えているが、多くの種類があり価格が大きく異なる。全体の動きを把握しやすくし、投資対象の絞り込みなどに役立ててもらう。

(中略)

時価総額によって、上位5位のグループ「Core」や、上位10位までのグループ「LargeCap」など4つのグループに分類する。グループごとに平均の値動きを指数化して算出するほか、投資家が同じネットで主要な仮想通貨の値動きも併せて確認できるようにする。

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

関連記事