金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

NECがスマホで公共料金のコンビニ支払サービスを開始へ

NECスマートフォンアプリに表示させたバーコードを利用して、コンビニで公共料金支払いをできるサービスを開始する。

まずはネット通販の代金支払いに対応する。利用できるコンビニは、ミニストップなどが9月中に利用を開始、セブン―イレブンやローソンも2018年中に導入の見込み。

NEC、公共料金の請求情報をスマホ画面に :日本経済新聞

NECは7日、スマートフォンスマホ)の画面を介して公共料金の支払いができる仕組みを開発したと発表した。電力会社などからの請求情報を電子バーコードにしてスマホに送り、利用者はコンビニエンスストアの店頭でバーコード画面を表示して現金で支払う。料金払込票を持ち歩く必要がないため支払い忘れを減らせる。企業は料金の回収率を高められる。

NEC子会社のブリースコーポレーション(東京・渋谷)が13日からサービス提供を始める。同社が請求事業者からの請求情報を電子バーコードにひもづけし、利用者のスマホアプリに送る。コンビニでバーコードを読み取って料金を支払うと、支払い済み情報が請求事業者に届く。

ウェルネット ~コンビニでの公共料金支払いを実現した技術と発想を学ぶ~

関連記事