金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

損保ジャパンが安全運転するほど安くなる保険を販売開始へ

損害保険ジャパン日本興亜は、スマホアプリで運転情報を収集し、安全運転するほど保険料が下がる自動車保険を2018年1月から販売を始める。

自動車保険では、自動ブレーキ搭載車が普及し事故率が低下、保険料支払い額も減少してきており、保険基準額の引き下げが行われており、2018年中に大手損害保険会社の保険料にも反映される見込み。

スマホで安全運転測定、保険料を割引 損保ジャパン :日本経済新聞

損害保険ジャパン日本興亜は21日、安全に運転すると保険料が下がる自動車保険を2018年1月から販売すると発表した。利用者の急ブレーキなどを検知し、運転情報を数値化した上で保険料の割引につなげるスマートフォンのアプリを活用する。損保ジャパンは21日から同アプリの提供を先行して始めた。

「自動運転」革命---ロボットカーは実現できるか?