金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

アメリカでInsurTechベンチャーが拡大中

アメリカでInsurTech(インステック)のベンチャーが増えてきている。

Lemonade(レモネード)は、スマホで簡単な質問に答えるだけで加入できる家財保険を提供する。加入から保険金の支払いまでがすべてスマホアプリ上でできる。

ラピタスは顔写真から性別や年齢、BMI、寿命を推定するサービスを提供する。写真から100個の特徴点を抽出し、機械学習モデルから予測を行う。
アメリカではこのラピタスのサービスを使って顔写真から生命保険料を見積もるサービスを始めた保険会社がある。

Galaxy.AI(ギャラクシー・エーアイ)は、自動車事故の際に、スマホのアプリで事故現場の写真をアップロードすると、深層学習を活用して自動車の損傷具合から保険金支払額を見積もる。大手保険会社などと導入に向けて調整が進められている。
https://www.galacticar.ai/


(Beyond the Finance)海外フィンテック最前線(4)米保険、顧客窓口はAI 見積もりや支払い素早く :日本経済新聞

米国では融資や決済の分野に続き、保険版フィンテック「インステック」の起業が増えている。英語の「インシュアランス(保険)」と「テクノロジー(技術)」を組み合わせた造語だ。

AIやビッグデータの活用で、保険料の見積もりや保険金支払いを迅速にするというのが売りだ。保険加入にかかる手間やコストを最小限に抑えた保険商品に対し、若者を中心に注目が集まる。

FinTechは保険業界の「何」を変えるのか?

関連記事