金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

アリババが2018年から日本国内でのスマホ決済サービス開始へ

アリババは2018年春にも日本でスマホによる電子決済サービスを開始する。これまで支付宝(アリペイ)は、日本国内でも支払いに利用できる店舗が拡大していたが、アリペイ自体は中国の銀行に口座がないと使えなかった。今回、アリペイと同じ仕組みを日本人向けに展開する。

アントフィナンシャルグループはアリペイの国内利用店舗数を2017年中に4万5千ヶ所に増やすことを目指している。すでに、アリペイは中国を中心に4.5億人の利用者がおり、日本でも市場拡大に乗り出す。
アリペイが利用可能な店舗やサービスは拡大しており、国内でもローソンが全店や、LCCのピーチアビエーシで利用が可能となっている。また、JTBも提携先のホテルや旅館、飲食店、レンタカー店などへのアリペイ導入を推進している。
アリババ、日本で中国発スマホ決済 QRコード使用 :日本経済新聞

中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォンスマホ)を使った電子決済サービスを始める。入金したスマホのアプリで買い物ができるようにする。中国で提供する「支付宝(アリペイ)」と同じ仕組みを日本人向けに展開、3年内に1千万人の利用を目指す。日本のスマホ決済市場の起爆剤になる可能性がある。

ジャック・マー アリババの経営哲学

関連記事