金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三菱UFJFGがIoTの新会社設立へ 決済インフラ構築目指す

三菱UFJフィナンシャルグループは、IoT向けの決済インフラ開発のため、新会社「ジャパン・デジタル・デザイン」を立ち上げる。自動車や家電などと直接接続できる決済インフラ構築を目指す。地銀からも出向で人員を受け入れる予定。
三菱東京UFJ銀行始めMUFGでは、クラウドサービスAWSの利用表明、ブロックチェーンのコンソーシアムへの参加、ビッグデータを活用したコンサルティングへの参入など、様々な施策を行っており、銀行として率先してイノベーションを起こそうとしており期待が持てる。今回は地銀も巻き込んで施策を進めようとしており、今後の動向に注目したい。
IoTで自動発注・決済 三菱UFJがシステム開発 :日本経済新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループは、あらゆるモノがネットでつながる「IoT」の決済システムを開発する。家電や自動車のメーカーなどと組み、モノやサービスをネットで自動発注して決済まで終えられる仕組みをつくる。IoTに適した金融のインフラを整え、新しいサービスの普及を後押しする。

10月に「ジャパン・デジタル・デザイン」と呼ぶ新会社を立ち上げる。資本金は30億円で当初は三菱UFJが全額出資する。人工知能(AI)に詳しい技術者やデータ分析の専門家ら30人程度を採用する。

(中略)

新会社は静岡銀行八十二銀行常陽銀行など30行以上の地方銀行からも出向で社員を受け入れる。地方の実情を踏まえ、中小・零細事業者が発行するQRコードスマートフォンで読み込むだけで、簡単にキャッシュレス決済を導入できる仕組みも開発する。

弥太郎猛き黄金の国 岩崎弥太郎 第1巻

関連情報