金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

三井住友銀行が海外送金の着金確認サービスを提供へ

三井住友銀行は、2018年2月をめどに、海外送金の相手への着金をパソコン(おそらく法人インターネットバンキングサイト)から確認できるサービスを始める。国際銀行間通信協会(SWIFT)に追加される機能に対応するもの。即日送金についても早期の対応を目指すとのこと。

SWIFTは「国際決済の革新に向けたイニシアティブ(GPII:Global Payments Innovation Initiative)」のプロジェクトを立ち上げ、即日決済や手数料の透明性向上を目指すとともに、オープンソースブロックチェーンプロジェクト「Hyperledger Project」にも加盟してブロックチェーン技術の活用を検討するなど、決済インフラとしての進化を図っている。

海外送金、確認しやすく 三井住友銀が18年2月新サービス :日本経済新聞

三井住友銀行は来年2月をめどに、企業が海外の取引先などに振り込んだ送金データを追跡できるサービスを始める。払い込みが完了するとパソコンの画面上に「入金済」と表示され、一目で確認できるようになる。海外向け送金の事務処理を即日行うようにもし、企業の利便性を高める。

Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plus)

関連記事