金融ITニュース。時々雑ネタ。

Fintechからレガシーまで、金融IT業界のニュース

富士通やイオンが情報銀行の実証実験を開始へ

富士通やイオンは情報銀行の実証実験を2017年8月から2ヶ月実施する。

富士通の従業員が参加し、年齢や家族構成のほか、趣味や日々の気分や体調といった個人データを情報銀行に提供する。情報銀行からデータを入手した企業は、データに基づいてカスタマイズした情報提供を行う。
情報を提供した従業員には、企業内仮想コイン「FUJITSUコイン」が付与され、近隣店舗で使えるクーポンに交換できる仕組み。

情報銀行は、経済産業省を中心に検討が進められており、本人の同意を得た上で、個人データのやり取りを仲介し、データを流通させる仕組みを構築することを目指している。

ニュース - 富士通とイオンなど9社、富士通従業員を対象に「情報銀行」の実証実験:ITpro

富士通やイオンなどは2017年7月14日、「情報銀行」の実証実験を2017年8月中旬から約2カ月間行うと発表した。富士通本社がある汐留シティセンターに勤務する従業員の一部が対象で、従業員が承諾した範囲でライフログといった個人データをイオン銀行などに提供する。データの収集や分析を行うオリコムなど9社が協力する。

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実―――ネットの密かな行動から、私たちの何がわかってしまったのか?

関連記事